カテゴリ:記憶( 19 )

朝もお雑煮


お汁とユリ根が残っていたので
今朝もお雑煮。

d0153895_09553358.jpg


お餅焦がしすぎw

時間があるときは
お餅焼き用鉄板でじっくりこんがり焼く。

餅屋さんのお餅だと危険な美味しさ。
今日は買い置きの桃太郎侍の切り餅。

子供の頃、父の実家でお正月を迎えると
七輪でお餅を焼く係だったな〜。
懐かしいな、炭で焼けるお餅の香り。

地震で潰れたお蔵の前で。
お餅係はもう少し大きくなってからw

d0153895_09553342.jpg


…なんか、すっごい昔の人???私…
そうよねー、
100年の半分以上生きてるんだもんね。
娘に、

おかあさん小さい頃、蹴鞠した?

って聞かれてもしょうがないね。

(してねーわ!)




[PR]
by liligohan | 2018-01-12 09:47 | 記憶

フランス料理もきたー


d0153895_23292727.jpg


モン・サン・ミシェルが写ってるの
今気がついたw
私が行った時はもうこんなに
長閑ではなかった。
でも、リヨンからパリに戻るTGVからの眺めは
わー、フランスって本当に農業国だー!
と思ったし、ヒツジの群れもいた。

d0153895_23292753.jpg


スフレもコレ見て一回作った。
泡立て器でしたからクタクタになって
2度としなかった 笑

d0153895_23292878.jpg


カルカソンヌでコレ食べた。
鴨と豆のカスレ。
美味しかったけど盛りが良すぎて豆バラに。
もう一生マメいらんと思って
それが割と最近まで続いてた。

d0153895_23292808.jpg


これ、子供心にインパクトあった。

d0153895_23292809.jpg


うさ…w



ここも行ったと今気がついた。
アデュ〜マルセイユ…俺を抱きしめてくれ♪

d0153895_23292975.jpg


マルセイユのブイヤベースは
スープと具が別々に出てきた。



スープ大好き人間になったのは
この写真のせいかも

d0153895_23292989.jpg


パン大好き人間になったのも、以下略

d0153895_23292948.jpg


オムレツに始まりオムレツに終わる
練習したよー\(^o^)/
今はもう面倒でスクランブル一辺倒

d0153895_23293096.jpg


写真は大好きだったけど
実はチーズは三角チーズが好きです 爆
発酵系のキョーレツなのはダメみたい。

d0153895_23293038.jpg


パリのチーズ屋さんも
入った瞬間飛び出してきた…無理…

果物と一緒に食べるのが好きなのも
この写真に操られたのかな。

ハーブのことを「薬味草」って訳してあって
なんか可愛い。漢方蘭方みたい。

仔牛の脳のブラウンバターソースかけ…
いらんわ…w

うさと脳以外は
見て読んでワクワクする〜♪














[PR]
by liligohan | 2017-12-08 23:05 | 記憶

(少し)蘇った(かもしれない)情熱


もう長いこと消えていた
お料理への情熱。

食べることへも昔ほど
アツクアツク燃えることもなくなり。

だったんだけど〜
今朝、40年以上前に買ってもらった
銅のクレープパンでフレンチトーストを焼いたら。

みょこっ。

むずむず。

と、子どもの頃の、食べ物や料理への
パッションを思い出して。

世界の料理シリーズをむさぼり読み
デパートへ行けば輸入食品(特にスパイス)や
高級食器、調理器具コーナーをじっくり見て。
グルメの叔父のお誘いにはもれなくお相伴しw

母が夜9時くらいまで
ピアノの生徒さんが来ていたり
出稽古に行ったりしていたので
待っているとお腹が空きすぎてたまらないので
小4でお料理を始めた。

誰に教わるわけでもなく
世界の料理シリーズや、母の嫁入り道具の
料理本をみながら作れそうなものを
勝手に簡単にアレンジして作った。

高校生の頃にはフレンチのフルコースを作って
客をもてなしていたというw
これがほんとの好きこそ物の上手なれ。

最初に作ったコースはまだ覚えてる。

いちごソースのエビ入りサラダ
セロリ風味のコンソメ
ブイヤベースふう魚のごった煮サフラン風味
プルーン詰めローストポーク
メレンゲのチョコレートソースかけ
コーヒー

うちの家族3人と親の友人3人の計6人ぶん。

ところが味の好みの合わない人と結婚し
ボロクソに言われ
生まれた娘は小食の偏食

すっかり料理が嫌になり
餌の準備に成り果てて幾星霜。

10年前に夫と別居して
娘も少し味がわかるようになり
少し料理に対して前向きになれたけど
毎日が忙しすぎて
そうこうするうちに身体を壊し…

体調復活したら今度は
何を食べても美味しくて幸せで
みるみる丸々と肥え\(^o^)/→今ここ

でも今朝のフレトークッキングが楽しくて
美味しかったから
その余波で夜も

d0153895_21163868.jpg


一つ鍋で作って
チョクで食べるお行儀悪クッキング
アサリがなかったのでスキャロップチャウダー

生協の冷凍貝柱
たまねき、にんじん、ブラウンマッシュルーム
舞茸、ブロッコリー、バター、ミルク
生クリーム、塩胡椒、クラッカー(とろみづけ)

美味しかったし、なんだかすごく満足。

この先
ひとつしか鍋保有が許されない世になったら
コレを選ぼうw

明日の朝はオムレツですかね(๑・̑◡・̑๑)





[PR]
by liligohan | 2017-12-08 20:51 | 記憶

ちっちゃな頃から食いしんぼ♪


昨日実家から届いた荷物に
世界の料理シリーズの
アメリカ料理編が入っていた。

表紙
一番好きな写真\(^o^)/

d0153895_18351686.jpg


このアメリカンなタイプのイチゴケーキは
多分まだ食べたことないかな?

トウモロコシと

d0153895_18351671.jpg


コーンミールのブレッド

d0153895_18351766.jpg


こないだサラベスでコーンマフィン食べた。
ちょっと甘すぎたな〜。

自分で作りたいと思いつつ
50星霜たってしもたw

アメリカのハレの料理と言えばこれ!

d0153895_18351713.jpg


ターキーは娘が小さい頃
明治屋で一番ちっちゃいのを買って来て
お腹にレバーのピラフを詰めてよく焼いた。
クランベリーソースをつけて。

パンケーキは
こんなんのが手軽に食べられる
21世紀ニッポンになりました。

d0153895_18351710.jpg


今日はランチが第一陣忘年会で
ご馳走頂いたから

d0153895_18351805.jpg


夜はきつねうどんにしよ。
(食べるんか)
(食べるとも)
(私が食べなくなったらそれは死ぬとき)
(と思ってたから、食べられなくなった去年と
おととしは、え?わたし死ぬの?って思った)
(娘もそう思って内心焦ってたらしいw)
(笑い話になって良かった…)







[PR]
by liligohan | 2017-12-07 18:20 | 記憶

ちかれたびー


今日もヨレヨレになって実家から帰京。

でも今日は、名古屋駅で一旦出て
サラベス行ってきたもーんw

d0153895_22502905.jpg


フラッフィーフレンチトーストと
ホットチョコレート。
甘くて最後の方白目になった。

実家にいる間はクレミアのソフト食べた。

d0153895_22502945.jpg


実家で発掘した先祖wの写真
右端がおばあちゃん、左はしがひいおばあちゃん
(約100年前)

d0153895_22502932.jpg


真ん中がおばあちゃん、16〜7歳の頃
バンカラさんスタイル

d0153895_22503059.jpg


おじいちゃんとおばあちゃんは
約100年前に駆け落ち同然で大阪から東京へ
そして上海、青島へ…

すごい度胸だと思ってたけど
この↑おばあちゃんの目ヂカラを見て納得。

目ヂカラ、ポーズもオトコマエだけど
着物とパラソルの柄も、花柄とかじゃなく
幾何学柄とストライプ
なんてパキッとした人なんだろう。
(ちなみに顔は私とそっくり)

私が生まれた時には
おじいちゃんはもう亡くなった後
おばあちゃんもすっかり丸い優しい
「おばあちゃん」になってたけど

こんな鉄火肌のおねいちゃん時代があったんだな。

名古屋のサラベスが好きなのは
50年前に名駅の近くに住んでいた
母や私をして、一体ここはどこ?
と思える名駅前の発展が見えるから。

d0153895_22503033.jpg


d0153895_22503069.jpg


どこの未来世紀ブラジルだよ、と思う。

50年の倍が100年
100年前に大阪から
東京や上海に出て行ったおばあちゃんも
なんぢゃこりゃ!と思ったよね…

50年前、名古屋によくきてくれたおばあちゃん
いま名駅前に化けて出てもw
何がなんやらわからないよね。

名古屋どころか
おばあちゃんの生まれ故郷の天王寺だって
きっとなーんにもわかんないよ。

今から50年経って
私の娘や孫は(できるか知らんけど)
名古屋のココや、京都や、
彼女たちのゆかりある場所を訪れて
どんな風に感じるだろう…
どんな風景を見るんだろう…

人間なんて、ホント
ララーラーラララマーラーだわ。

明日あさっては英語の先生。
早く寝よう。



名駅前に住んでいたのは
こんな頃w
撮影場所は茨城の父の実家。
犬は放し飼いデフォだった頃。
えさはお冷やご飯に残り物のお味噌汁とじゃこ。

d0153895_22503192.jpg






[PR]
by liligohan | 2017-12-04 22:22 | 記憶

思い出すこと


母の入院騒ぎの疲れが収まり
通常運転の毎日が戻ってくるとともに
英語の先生フッカツと
来週から占星術の先生と生徒自作自演w?
ダブルキャスト?
という新しい役割が増え
生活サイクルを考え直していて
思い出したこと。

20年くらい前に亡くなった私の叔父
母の兄。

繁盛していた開業医で
お洒落とグルメにこだわりがあった。
イトコたちより私がずいぶん小さかったから
まるで孫のように可愛がってくれた。

車はマスタングやジャガー
犬はボルゾイ
高そうなシャツを着て
ワイン色のベルベット地のソファでくつろぎ
ベートーヴェンやブラームスを聴く
大学時代のサークルは乗馬。
貴族かw

ま、私をジジイにしてお金もたせたような?

その叔父が最晩年に動けなくなるまで
繰り返していた毎日のサイクル。

朝は神戸ベルのトースト
バターとジャム、またはレバーペースト
ミルクティーがぶ飲み
ミルクはエバミルク

午前の診察を終えて自宅で昼食
終わるとなぜか10分くらいピアノを弾くw
何十年と同じ、ハイドンのソナタ
そして、ソファで30分くらい仮眠して
起きると好味屋の豆で
酸味のきついモカを濃く淹れて
デミタスでグイッと飲んで
午後の診察へ。

その前に、なぜか私だけを乗っけて
マスタングで首都高をブイブイ飛ばしたり
西荻のこけし屋でアイス食べさせてくれたり
することもあった。

夜は家で食べてそのままくつろぐときもあれば
ションベンバーと呼んでいた
駅前の小汚いスナックへ行ったり。

銀座のマキシムで食事をしても
銀座のクラブでは遊ばない人だった。

マキシムには
「子どもの行くとこじゃねーよ」
と行って連れてってくれなかった。

アラサー頃の写真を見たら
白洲次郎みたいにダンデーでw
カッコよかったけど
私が物心ついた頃にはジジイだった。

不思議なおじちゃんだった。

なんとなく思い出した
ただの昔話。








[PR]
by liligohan | 2017-06-26 16:04 | 記憶

今日のばあさんw


今日は花の日礼拝なのに
お花を買うのを忘れたから
お休みする、と
昨日の夜ダダをこね出して

別にお願いして教会に行って頂いてるわけでなし
私も父も無視w

…からの〜夜中の捕物帳だったので

今朝は堂々と教会をサボって
ぐーぐー9時半まで寝てたばあさん。

起きて、モリモリ朝ごはんを食べて
いきなり

あなたが取っておいて、って言ってた
おじいちゃんのティーセット
売るか捨てていいでしょ?



Σ( ̄。 ̄ノ)ノ
はぁ?



この人たちの断捨離基準が全くわからん。


おじいちゃんのティーセットというのは
約80年前
異様に羽振りの良かった母方の祖父が
(今で言うヒルズ族的成り金ですな)
成り金なのになぜかセンスがすごく良くて
そんな祖父が揃えた薩摩焼のティーセット。

祖父が誂えたもので
私がもらっても差し支えないものは
できるだけ引き継いで実家に置いてあるのに。

食器とか家具とか
大体がチャイニーズアンティークなんだけど
私はそれらを売って儲けようとかじゃなく
私が生きている間は
祖父母の思いや歴史やいろんなものを
大切に取っておこう
私が死ぬ頃、娘が欲しければ譲るし
いらないなら処分して死のうと思ってたのに

でも父は、これら母の実家から来たものも
何でもかんでも処分して身軽にしとけ、
とハイパー断捨離を強制するので
今の私のマンションに置いておけるものは
引き受けてきたのに。

なんやねん、ばあさんも結局は
ハイパー断捨離に染まってるやんw

こないだは、この茶箪笥を
京都に持って帰れと言ったのに
(幅100センチ、高さ140センチくらい)
d0153895_10422853.jpg




ティーセットは邪魔だから捨てると言う。

もーめんどくさ
好きにしてくれ。

この箪笥は
特に高級品ではないけど
おばあちゃんちの居間に私が生まれる前から
おばあちゃんちを壊すまで
ずーっとあって、これの前に
おばあちゃんが座って
日がな一日、お茶を飲んだり
本を読んだり居眠りしたり…

さそり座はモノが欲しいんじゃない
モノにまつわるココロを大事にする

そこんとこヨロシク。
(誰にたのんでるのか)





[PR]
by liligohan | 2017-05-07 10:12 | 記憶

単なる日記…


ホシブログ、書きたいことたまってるけど
リーディングしなきゃいけない
ホロスコープが3件

急ぎじゃないけど
時間をかけてじっくり見たいから
ホシブログもちゃんと書きたいから

そうなるとキャパちっさいというか
怠惰なので
すべてがスローペースになるw

いやーもー困ってるの
2年寝てたらアホになっちまって
なにもかも時間がかかって

なのに3月末から急に動き出して
あわわわわわわわ
ってなって

来週からは英語教室の仕事も入ってくるし
ホシのご予約も頂いてるし
あわわわわわわわわ∞

でも結局、時間がかかっても
ひとつひとつをきちんと済ませていく
それしかないんですよねƪ(˘⌣˘)ʃ

あさってから実家に帰るので
冷蔵庫にあるものでブレックファスト

d0153895_16224370.jpg


ホットドッグずーっと食べたかったから
材料が最低限揃ったところで☆
カラシは納豆についてたのの余り。

お昼のダブル炭水化物パスタ

d0153895_16224462.jpg


スペルト小麦パスタ少々ときたあかりポテト
たまご、生クリーム、溶けるチーズで
カルボナーラふう。
ネギかけ過ぎてクチ臭い…
けど、超絶美味しかったー\(^o^)/

…そうそう、ここ数日
今までの人生で研究してきた
オカルト知識を総結集して
これぞ願望実現の総決算!みたいの
考え出してウホウホして
誰か同じことしてるかな?ってググったら
500年も前から某秘密結社がやっとったわ。

要するに、オカルティストは
だいたい同じところに
たどり着くっちゅーことか?

…勧誘されなかったしな〜、某FM。
(誘うメリットないやろby FM)

いやね、フソーメインソて
女性単体では入れないから
お父さんやダンナがまず入るらしいけど。
その人もお父さんが会員だったから
家族会員?だったみたいなんだけど
同じ集まりにいたAさんのことは
勧誘したみたいだけど
私は誘われなかった…

もしかして
「ワッフル食べたいから明日ベルギー行くけど
ご一緒しませ〜ん?」
て言われたの断ったの
あれが勧誘だったのか???

とか、10年も前のこと
ブチブチ考えてるくらいなら
いっそラジオ体操しましょう。




[PR]
by liligohan | 2017-05-03 14:58 | 記憶

懐かしの


My kindergarten

d0153895_18064916.jpg


ネットで拾った。

現在はこの園舎はなく
新しくて綺麗だけど
ふつーのコンクリートの。

私が通ったこのステキな園舎は
戦争で焼けた初代園舎に変わり
市民の皆さんの寄付で建ったらしい。
私が在園していた頃で
築20年くらいだったみたい。

このツタの絡まる建物の
一階がエントランスと
お母さんたちが待つロビーになっていた。
二階は何があったのかな…

月に一回、宣教師の先生による
英語のレッスンがあって
ストーリーテリングや
英語で賛美歌を習って
その何十年後かに生業にする基礎になったw

30年後に同じことしてたんだよな私。
フロッグセッズリビッ、リビッて。
賛美歌は歌わなかったけど
ナースリーライムだったし。

そう、すごく楽しくて印象的だったんだ
ガイジンの女の先生のレッスンが…

47年前か 爆

つい昨日のことのように
イキイキ思い出せるんだけどな…

園長先生がダルメシアンを飼い始めて
でもアホ犬だったから
私は好きじゃなかった…とか

バレーボールが1つしかなくて
アタックナンバーワン世代の私たち
毎朝ボールを取り合って
キャットファイトしてたとか

女子の二大派閥の、
一方のボスは私だったとか…

組が「星組」で
担任の先生が
「お花の名前じゃないのはあなたたちだけ
お空の星のように特別なのよ」
ってミョーな煽り方したこととかw

あー、わし星組配属やったんや…
こっちゃんの大先輩な(ちげー)

てゆーか
この幼稚園
私の人生にめっちゃ影響及ぼしてるやん!

そーいや、雪国だから冬は温蔵庫で
お弁当アツアツにしてくれるんだけど
私はお弁当のあったかいのは嫌いで
いつも結構です、って断ってた 爆

そう、もう一方の派閥のボスは
渡辺さんて子で
私より少し大柄で(私だってかなり大きい子だった)
なかなか手強かったわ…
(どうでもいい)

片付け?
だいぶ進んだよ\(^o^)/

うなぎ食べに行ってくるわ。
(サドンイール)



[PR]
by liligohan | 2017-04-30 17:48 | 記憶

糸魚川。。。



糸魚川でとんでもない大火事が起きてしまった。

幼稚園年長さんから小3まで
富山に住んでいた私には
糸魚川という地名はとても馴染みが深く
胸が痛む。

今では北陸新幹線で
富山から東京まであっと言う間に着いてしまうが
ほぼ半世紀前、特急はくたかに乗って
7時間の道のりだった。

d0153895_19183408.png
wikiから写真をお借りしました

実家離れできない母に連れられて
マルチーズの樹里と一緒に
何度はくたかで糸魚川や直江津を通って
富山-上野を行ったり来たりしたことか。

途中下車したことはないけど
(父の車やバスツアーで通ったことはあるが)
「糸魚川」という地名を聞くと
それだけでなんだか胸がきゅーっとするほど
小さな頃の思い出が蘇るのに
その地が広範囲にわたって焼けてしまったなんて。

何をしたら少しは糸魚川の役に立てるのか?

寄付と…
もう少し落ち着いたら糸魚川を訪れて
観光客としてお金を使うことくらいか。

命を落とした人がいなかったのが
本当に、不幸中の幸いだけど。

1日も早く、少しでも生活が落ち着くことを
お祈りしています。




[PR]
by liligohan | 2016-12-24 10:45 | 記憶