2018BOSE聴き初め


サイトウキネンで
チャイコフスキー
弦楽セレナードでした。
TVCMでブジョクされた曲。
すごく好きなのに。

オ◎ワは好きじゃないというか
むしろ嫌いだけど
サイトウキネンは好き。
弦の響きが繊細で美しい。
竹と紙の国ニポンのオーケストラだなと
しみじみ感じる。

チャイコフスキーは
生まれて初めてクラシック音楽を意識して
好きだと思ったのが
白鳥の湖とくるみ割り人形だから
(年少さんの頃)
やはり沁みる。

チャイコフスキーとか
武満徹とか聞くと

人間て
弱くて小さくて脆くて醜くて
でもなんて最後の最後まで
我慢して我慢して
美しいものを生み出すんだろう
そしていよいよ耐え切れず
ポキッと静かに折れて
消えて行くんだなと

思う。

やはりロシアって
ドイツやフランスやイタリアよりは
日本とほんの少し近いのかな、
とも思ったり。

でもプーチン怖いw

アンダンテカンタービレ聞こ。

マトリョーシカみたいなお母さんが
木のお匙で大鍋をぐるぐるかきまぜて
カーシャができましたよ、
っていうやつ。





[PR]
by liligohan | 2018-01-06 12:18 | 音楽